本文へスキップ

千葉県で納税者の権利を擁護する団体・千葉税経新人会

士業の方からの電話でのお問い合わせはTEL.0438(22)2767

千葉県木更津市東中央2-4-14木更津東中央ビル2階

入会のご案内

千葉税経新人会へご入会のお誘い


 私たち千葉税経新人会は、「国民大衆の権利を擁護する立場」(規約第3条)から税法などの調査や研究を行うことと、会員の親睦を目的として活動している団体でございます。

 おかげさまで現在”100名を超える”組織にまで成長して参りましたが、千葉県内の税理士数から見ればまだまだ小さい状況ですから、常々もっと多くの会員を迎え入れたいと念願しているところでございます。

 遠慮なく本音が言えて、他の支部の税理士会員さんとも友達になれる、困ったことは電子会議室や懇親会で何でも相談できる、そんな形の会活動をしております。とりわけ、私たち税理士にとっては税務調査への対応は厄介な仕事の一つです。このような問題も諸先輩の豊富な経験談などを伺うことによって多くの対応を知ることができます。

現在、新人会は月例会をほぼ毎月おこない、「千葉新人会ニュース」と機関紙である「税経新報」を発行し、各種情報を提供する事に努めております。また、4月には恒例のお花見会、夏には全国研究集会の取組などを通じて親睦と交流を深めております。

さらに、ニュースの編集日には実務問題検討会も行っております。税理士業は孤独な「サムライ業」だと感じておられる方が多いと思います。私自身、この会に参加してきたお陰で皆様のお知恵を拝借したり、業務で役立つどころかピンチを救われた事例は枚挙にいとまがありません。

 顧みれば、最近は税理士業界を取り巻く情勢も激動を予感させるものがあります。
電子申告・書面添付制度、規制緩和と税理士法改正の問題、税理士制度の問題、等々、抱えている問題も大変なものと感じております。
 こうした中で新人会は、まだまだ小さな組織ではありますが、税制や税務行政そして税理士制度の民主的発展に対して多少は寄与できていると自負しているところでございます。

そして仲間づくりの中で、情報を交換しあう必要性が益々高まっている状況と思います。ぜひ、ご興味のある先生は新人会へのご入会をご検討下さい。

千葉税経新人会 会長 吉田勇悟
千葉税経新人会 お問い合わせは
〒292-0055 千葉県木更津市朝日1丁目1番44号 税理士法人吉田会計内
TEL 0438-22-2767(代)
FAX

E-mail kaichou@chibazei.com


◆一人で悩まないでみんなと一緒に悩めば、きっと解決策が見つかります!


税理士試験に合格して15年、開業して13年目となりました。

 銀行の外国為替課からの転身であり、税理士事務所での勤務の期間も短かったため、この業界のことはよくわからずに独立開業しました。

開業当初は不安でいっぱいでした。そんな時に 先輩から毎月第一土曜日に開催される実務問題検討会に誘われて参加いたしました。

正に「目から鱗」で、いろいろな知識を教えていただきました。 「税務調査の日程は納税者の都合により変更できる」「コピーや帳簿の持ち帰りは拒否できる」等の税務調査の際の対応方法は、その後の仕事に大変役立っています。 

 この不況下ですが、自分の事務所をそれなりに経営できているのは「新人会」あってだと思います。どうぞ皆さん実務問題検討会に参加してみてください。

一人で悩まないでみんなと一緒に悩めば、 きっと解決策が見つかります。    (千葉税経新人会 女性 年齢自称30代)


◆13年連続、毎月参加の同業者勉強会!

先週の土曜日は、同業者の方々との勉強会でした。

午後の2時から実務問答会ということで、各税理士さんが日ごろの業務での悩みや問題点をみんなで解決する時間です。

わたしは、独立開業してからこの会に13年連続で毎月参加(過去に1度か2度はお休みをしただけ)をしてきておりますが、自分自身の問題だけではなく、他の先生の様々な問題点を一緒に考えることでとても勉強になっています。

この会には、税理士試験を合格して税理士になった方々だけではなく、税務署を退官して税理士になった先生も数多くいますので、様々な立場での考え方などを学べるすばらしい勉強会です。

あ〜今回も、とっても役立つ生の情報を得られたのでよかった!独立をすればやはり横のつながりが重要だとつくづく感じます。 千葉税経新人会入会 13年目 48歳 男性)


information